孤高のアーウェン 

第2章 ドルイド教って何? 

 

 するとドルイド教とは何なのか? 

 ドルイド教とはブリテン、アイルランド、ヨーロッパの一部に広がる「土着」のスピリチュアル信仰の伝統のことであり、いまや世界中の人々が信奉する道である。古代の異教信仰のひとつとして、人々と大地の関係を強固なものにしてきた。

 ドルイド教はしばしば哲学になぞらえられる。それはいかなる外的な神の信仰を求めることのない人生のありかたである。とは言っても、多くのドルイドは彼ら自身の神を信仰し、この信仰を宗教とみなしているのだが。ドルイド教は私たちと自然界との絆を強める方法をつねに探している。自然が私たちのまわりでいつも見せているパターンについて研究し、そこから私たちはインスピレーションと智慧を得ている。

 それはよりホリスティックな(全体論的な)生命の道を探るためのインスピレーションとして使うのだ。それは自然のサイクルに同調するということである。私たちはしばしば自分たちが現代社会から遠く離れているように感じるものだ。そしてオークの智慧を見つける。(インド・ヨーロッパ語の
druはオークを意味し、widは智慧を意味する。ここからドルイドDruidという語が生まれた)

 ドルイドは周囲の自然界からインスピレーションを得る。彼女はあらたに雪に覆われた草原の上でキツネたちが跳ね回り、互いに追いかけっこをしているのを見て、寒い冬の朝に喜びを見出す。彼女は寒い秋の日、さかりがついた鹿の呼び声を聞いて、熱さと情熱を感じる。彼女は夏の日差しのもと、食べ物とぬくもりを求めて飛ぶ蝶に純粋な喜びを発見する。彼女は猫が獲物に忍び寄る姿を見るとき、狩りのスリルを見出す。彼女は鷹の羽根で曇り空を突き抜けて上昇するとき、人生の螺旋を反映する空の伸びゆく螺旋に上昇気流を見つける。彼女は人間の本性の精神を讃えながら、市の中心部で奏でられる人間の弦楽の響きの歌に耳を傾ける。

 ドルイドであるということは、自分の周囲と同様、自分の行動についても責任を持つということだ。人はこれ以上それについて知らないではすまされない。目覚めて、力の限りを尽くして、できること、イエスといえるすべてのことを理解するという言質を与えるべきである。それは周囲と分かち合えることと同様、自身の中の行動パターンを学ぶということである。それは自然のサイクル、季節、潮流、人生の時期について学習するということである。それはいつ解放されるか、いつ蟄居するか、いつ叫び、いつ静かにするかを知ることである。

 ドルイドであるということは、リサイクルについて監視することから、水道水がどこから来るかを知ることまで、生活のすべてのことが選択できるということである。私たちが食べる食べ物から住宅地が広がったため棲み処を失ったアナグマのことまで、すべてのことと関係を持つということである。無知をあきらめ、世界に対して目を開き、よりよい場所にするために、できることを理解するという、大きな犠牲を伴うことをおこなうことである。

 私たちは衣装を着ているかもしれないし、ウェリントン・ブーツ(長靴)をはいているかもしれないが、依然としてドルイドである。私たちは雷を呼んで敵を打ち砕くことはできないかもしれないが、もっと微妙な戦いで、悪人が危害を与えそうな自然界を守ることができるだろう。私たちはアーウェン(ウェールズ語で花開くこと、あるいは詩的インスピレーションのこと)によって、つまりインスピレーションによって生き、自然から学ぶのである。

 あなたがオーダーやグローブ、その他いかなる団体に属しようが、ひとりのドルイドであることにちがいない。ドルイド教に従うということは、自然界とその内のすべてを重んじるということであり、調和とバランスを保ちながら世界と関係を持ち、世界とともにやっていく道を探るということである。

 

(つづく)