ドルイドの森にて   目次 

~ロス・ニコルスのドルイドの教え~ 

フィリップ・カー=ゴム 宮本訳 

 

前言 ロナルド・ハットン 

ドルイドの長の森にて ロス・ニコルスの生涯と遺産(カー=ゴム) 

 

Part 1 ドルイドの教え 

1 ドルメンと暗闇の本質 

2 グラストンベリーの大いなるゾディアック 

3 ドルイド寺院の形 

4 天空の寺院 

5 芽(Bud)とブッダ(Buddha) 

6 イニシエーションと名前 

7 オーク、錬金術、神々 

8 考古学者とドルイド 

9 ジャイナ教の習慣と哲学 

10 ゴグとマゴグとドルイド 

11 ウィリアム・ブレイクの神秘的な形 

12 ウィリアム・ブレイクはドルイドの長だった 

13 アーサーの一面 

14 ザ・チルターンズのコール 

15 ケリドウェン・ケリードウェンの全物語 

16 自然のシンボル 

17 OBODの旗 

18 春の祭典 

19 光のフェスティバル 

20 エジプト大蛇と宝 

21 コレージュ・デ・ゴールからの声 

22 吟遊詩人の瞑想 

 

Part 2 秘儀についてのエッセイ 

23 秘儀の建築物 

24 儀礼のしぐさ 

25 古代エジプトのしぐさ 

26 ケルト人、ギリシア人、パルテノン神殿 

27 救済の仕事 

28 神の創造 

29 修正版カバラー 

30 デミウルゴス――ミニチュアのドラマチックな舞台 

 

Part3 キリスト教に関するエッセイ 

31 キリスト教粉砕 

32 「もしわたしがみじめな罪びとにすぎないなら…… 」

33 キリスト教とインドについての考え 

34 キリストの受難のイニシエーション段階 

35 七つの声 

 

Part4 神話学に関するエッセイ 

36 創世神話の試練 

37 魂の計画 

38 ヒンドゥー神話の元型(アーキタイプ) 

39 白牛の地