ロヒンギャはラカインの先住民なのか              宮本神酒男 

 ビルマ語方言を話すラカイン人の祖先がラカインにやってきたのは、957年のことだったとされる。彼らは偉大なるアノーヤター王(10441077)が登場する以前の初期バガン王朝から来たのだろうか。この957年、ラカイン人の祖先はウェーサリーのヒンドゥー王朝(チャンドラ王朝のスラ・チャンドラ王)を滅ぼした。ウェーサリーにヒンドゥー王朝の時期があったことはあまり知られていないが、数多くのヒンドゥーの神々の石碑や石像からもあきらかだろう。

 ラカインのもっとも古い遺跡は現在マハムニ寺院が立つダニャワディである。ブッダの時代からそれほど経ていない時期にマハムニ仏が造られた(実際は14世紀か15世紀?)と伝えられていて、かなり古くに仏教が伝播していたということになる。出土物からも、仏教やヒンドゥー教といった宗教文化が波のごとく何度も押し寄せていたことがわかる。ラカインは広い意味でのインド(ベンガル)文化圏に属していたのだ。そうすると原ラカイン人はベンガル人であり、ロヒンギャの祖先が先住民ということにならないだろうか。

 おそらく先住民はラカイン州の北西のインド・ミゾラム州に住むミゾ族か、北のミャンマー・チン州に住むチン族に近いチベット・ビルマ語族であり、インド(ベンガル)の影響を受けて仏教やヒンドゥー教を信仰したのだろう。しかしラカインの海岸部には早くから、つまりイスラム化する以前からベンガル人がやってきていたと考えられる。イスラム化した人々をのみロヒンギャと呼ぶのなら、ロヒンギャがラカインに住み始めたのは8世紀以降と考えていいだろう。しかしそれでもバガン朝のビルマ系の人々がラカインに移住するよりも前なのである。



⇒ つぎ 

⇒ ロヒンギャ史目次 

⇒ TOP