内なる旅 目次 

バクティの道を求めて 

ラダナート・スワーミー 宮本神酒男訳 

 

 

1部 すべてに疑問を持つ 

 

1 真の富とは何か 

       ドロシー (1)(2)(3)(4) 

 

2 わたしとは誰か (1)(2) 

       つまりわたしとは誰? 

       マインド 

       猿の教え 

       知性 

       二匹の闘う犬 

       知性の三つのタイプ、さらにその向こうへ 

       エゴ 

       ココナツの教え 

 

3 神とは誰か (1)(2)

       神の考え 

       ブラフマン、遍在する光 

       パラマトマ、内なる導き 

       バグワン、あるいは至上の表現 

       さまざまな伝統に現れるひとつの神 

       シャクティ、神の女性原理 

       犬の智慧 

 

4 ヨーガとは何か 

       ドゥルヴァが得たもの 

       ヨーガの道 

       ヨーガの解放の原理:道に沿って助けること (1)(2) 

 

5 バクティとは何か 

       バクティの定義 

       インドにおけるバクティの歴史 

       愛の道 

       バクティの心理学 

       貧しき心 

       希望を見つける:生命の木 

       とげでもって友だちを作る:孤児の母 

       自己のない愛 

       伝統のなかの美 

       愛はいとしいものを征服する 

 

 

2部 物質世界においてスピリチュアルに生きること 

 

6 幻影と現実を見分ける 

       夢と現実を見分ける 

       この世界の目的は何なのか 

       喜びのパラドックス 

       スピリチュアルなヴィジョンで世界を見る 

 

7 バクティのダルマを実践する 

       思いやりで、つまりダルマの最高表現で世界を見る 

       アヒンサのシンプルな形 

       思いやりの食事 

       食事のダルマ 

       祝福の食べ物:食べ物を捧げる行為 

       プラサダの微妙な価値 

       非暴力には環境への思いやりが含まれる 

       カルナ:行動的で、知的で、思いやりをもって 

       行動のカルナ 

       広い意識を持って小さな一歩を 

       カルナにおけるシンプルな試み:ゴーヴァルダン・エコ村 

 

8 聖なる愛に目覚める 

       バクティ・ヨーガ実践の内訳 

       実践1 聖なる空間に暮らす 

           内なる巡礼 

       実践2 スピリチュアルな関係、スピリチュアルな共同体 

           友人と、家族と、職場での日々の挑戦 

           健全でスピリチュアルな共同体をいかにサポートするか 

           スピリチュアル共同体の本質:わたしはしもべのしもべである 

           他者を批判するな――あなたがたと彼らの利益ために 

           智慧をもって耐えよ 

           スピリチュアルな家族の価値 

           セコイアの秘密 

       実践3 聖なる神の名を唱和する 

           いかに歌うか 

           いかに心から歌うか 

       実践4 聖なる文学の歌を聞きながら 

           スピリチュアルな教師の歌を聞きながら 

       実践5 主を崇める、信仰心と敬意をもって神を知る 

           神々:偶像崇拝か、聖なる信仰か 

           神を崇めるムード 

           祭壇の準備の仕方 

           川が出会うとき 

           追加の実践 

       実践+ 聖なるものを記憶する 

           古代の王子の物語 

           ビジネスマンの現代物語 

       実践+ 祈り、あるいは聖なるものとの霊的交流 

       実践+ 自己のない行為:スピリチュアルな調和に暮らす 

           ハヌマーンの物語 

       実践+ 究極のスピリチュアルな友情:聖なるものとの友情 

       実践+ 自己降伏:自分のすべてを捧げる 

 

9 スピリチュアルな生活を送る 

       道の障害となるもの 

       信仰の障害となるもの 

       よい人々に悪いことが起きるとき 

       変容する恐怖 

       信仰は信念以上のものである 

       カルマ 

       カルマの内面への影響 

       魂には触れない 

       カルマに関する誤解 

       自然の法則に善を見出す 

       カルマとバクティ・ヨーガ 

 

10 逆境を通じて成長する 

       ヴァルシャの旅 

       物質世界のスピリチュアルな生活 

       これらは時代の…… 

       木の教え 

       ジャイアント・セコイア 

       森林火災の祝福 

       聖なる愛の種子 

       ナチの変容 

 

11 意識的に生きること、死の技術 

       逝去した二つの偉大な魂 

       死と解放 

       死と不死両方を思いながら生きること 

       死の間際に何が起きるのか 

       何が重要か思い出すこと 

       わたしたちが誰であるかについて行き当たりばったりはない 

       意識の進化 

       人生の輪、サムサーラ 

       見えない力がいかにわたしたちを追いやるか 

       善良モードの価値 

       時間 

 

12 愛を通じてひとつになること 

       バナナ売りの物語 

       わたしは誰を愛すべきか、いかに愛するのか 

       小さいことを考えるな 

       聖なる愛は物質の限界を超える 

 

13 やさしさの領域に入ること 

       タラバイの贈り物 

       王様と貧しい男 (1)(2)(3)(4) 

       贈り物に戻る 

       比類のない贈り物 

       高次の愛を理解する (1)(2)(3)(4) 

 

 

結論 

       多様性のなかの統一 

 

著者について